厚生年金保険の被保険者資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紹介する女性

厚生年金保険の被保険者期間は月単位でカウントされ、被保険者の資格を取得日の属する月から資格を喪失した日が属する月の前月までが被保険者期間に算入されます。

具体的には、企業・法人などへの入社日等が厚生年金保険の被保険者になる日(資格取得日)で、退職日の翌日または死亡日の翌日が厚生年金保険の被保険者でなくなる日(資格喪失日)です。

もし、被保険者の資格を取得した月内にその資格を喪失した場合には、1ヶ月として計算します。

また、被保険者の資格喪失日は退職日の翌日なので、退職日が月末の場合には退職月は1ヶ月として計算します。

たとえば、

  • 退職日が3月20日(資格喪失日3月21日)の場合は、3月は被保険者期間として不算入(退職月の保険料は徴収されない)
  • 退職日が3月31日(資格喪失日4月1日)の場合は、3月は被保険者期間として算入(保険料は退職月まで徴収される)

ということです。

以下の表に厚生年金被保険者の資格取得および資格喪失についてまとめておきます。

スポンサードリンク

厚生年金保険の被保険者になる日(資格取得日)

種類 取得日
当然被保険者
  • 適用事業所に雇われた日(就職・転職)
  • 勤務先が適用事業所になった日
  • 被保険者の適用除外者に該当しなくなった日
  • 厚生年金被保険者の種別の変更があつた日
任意単独被保険者
  • 認可のあった日
高齢任意加入被保険者加
  • 加入申出が受理された日、または加入申請が認可された日

 

厚生年金保険の被保険者でなくなる日(資格喪失日)

種類 喪失日
当然被保険者
  1. 70歳に達した日(誕生日の前日)
  2. 適用事業所を退職した日の翌日
  3. 勤務先が適用事業所でなくなった日の翌日
  4. 被保険者から除外される規定に該当した日の翌日
  5. 死亡した日の翌日
  6. 厚生年金被保険者の種別の変更があった日
任意単独被保険者
  • 当然被保険者の1、2、4、5と同じ
  • 任意単独被保険者でなくなる旨の認可のあった日の翌日
高齢任意加入被保険者
  • 当然被保険者の2、3、4、5と同じ
  • 国民年金の老齢基礎年金や他の年金制度の老齢(退職)年金が受けられる資格期間を満たした日の翌日
  • 任意にこの被保険者でなくなる申出または申請をしたときは、その受理日または認可日の翌日

  ※以上、主なもの

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*